December 10, 2017

December 5, 2017

November 29, 2017

Please reload

最新記事

pawooの鳥に対する怨嗟

2017/12/01

今日もpawooではTwitterに対する怨嗟の声が聞こえてくる。元々の経緯からして、pawooにはTwitter(pawooでは鳥と略される)で凍結された絵師さんが非常に多い。だから、鳥に対する怨嗟の声と、それに同意する声が不定期に聞かれる。それでもpawooのアクティブユーザーは減少し、また凍結させられるかもしれないと知りつつ鳥に戻っていく。鳥で知り合ったユーザーとの絆も大きな理由ではあるだろうが、同時に一番宣伝効果が高いのが鳥であるという、同人作家にとって悩ましい問題があるからだ。

 

Twitterはどこへ向かおうとしているんだろう。Twitter自身も曖昧なビジョンしか示さない。身売りするような話もあったが、それも流れてしまった。もしかしたら海外ユーザーを配慮して、過激な(とスタッフから見て思われた)物を徹底的に排除し、淘汰されていくのを期待しているのかもしれないが、一方でTwitterは「絵描きを支援したい」と言っている。いっそ「成人向けイラストは一切禁止」と断言してほしいが、自由な情報発信は確保したいらしい。発言と行動が矛盾していて、もはや俺には完全に理解不可能。

 

断言できるとすれば、Twitterに表現の自由は無いということ。そして俺には、取捨選択の自由があるということだ。近い将来、俺はTwitterを完全に見限るだろうな。

Share on Twitter
Please reload

​カテゴリ
Please reload

アーカイブ
Please reload

Copyright (C) 2015 幼女の手の届かない保管庫 All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now